不動産投資は初心者でも安心【取り組みやすいところ発見】

記事リスト

物件購入のポイント

マンション

運用方針の決定方法

年率にして5パーセント程度の家賃収入を得ることができるので、会社員や自営業者の間では、マンション投資が注目の的です。けれども購入する物件のタイプによって、利回りや将来的な売却益が大きく異なるので、まず最初に運用のコンセプトを決めるべきです。リスクを最小限に抑えたい場合には、入居者が確保しやすい都市部の物件を選び、長期投資を心掛けるのがポイントです。需要が大きい都市部であれば、築30年以上の賃貸マンションの稼働率も高いので、不動産投資のビギナーにも最適です。また複数の物件を購入して分散投資を行うのが、リスクを軽減するためのもう一つの選択肢であり、地方のマンションに注目するのが一般的です。1000万円以内で購入可能なマンションが多いために、人口50万人程度の地方都市に注目すると、安定性の高い資産運用が行えるでしょう。しかし一棟売りのマンションへの人気も根強く、特に格安な物件を購入して、積極的にリニューアルを行う人が多いです。建物の外観をきれいにしたり、居住スペースのリフォームを行うと稼働率も高まるので、月々の賃料収入も増やせるでしょう。更に社宅や社員寮へのニーズが増えている背景もあり、数棟のマンションを保有しているオーナーは、企業との契約にも意欲的です。一方で学生向けの物件に改造したり、防音工事を実施して音大生も入居しやすい仕様にすると、稼働率と手取り収入のアップにもつながるでしょう。

Copyright© 2018 不動産投資は初心者でも安心【取り組みやすいところ発見】 All Rights Reserved.